パーシモンカントリークラブ

パーシモンカントリークラブ

中詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3110Y Regular: 2763Y Ladies: 2407Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
15485449408
24ドラコン推奨ホール344320273
34367353319
43ニアピン推奨ホール18811690
54ドラコン推奨ホール330301266
64382326267
74358343326
83ニアピン推奨ホール16711891
95489437367
TOTAL36311027632407

ホール別解説

No.1 PAR 5Back485Y
ボタン
No.1のコースレイアウト

比較的距離の短い打ち下ろしのロングホール。左サイドバンカーの左に池が隠れており、ティーショットのフックは禁物。セカンドもやや右目から攻めるのが安全。グリーンは縦長のため、第3打はピンの位置に充分気を配りたい。アプローチの距離感の正確さがスコアメイクのポイント。

詳細を見る

No.2 PAR 4Back344Y
ボタン
No.2のコースレイアウト

距離の短い、フラットなミドルホール。ティーショットでフェアウェイをキープすれば2オンは比較的楽。但しグリーンの芝目がきつく、傾斜に惑わされたラインの読み違いが思わぬ落とし穴になりやすい。パッティングが決め手となるホールである。

詳細を見る

No.3 PAR 4Back367Y
ボタン
No.3のコースレイアウト

打ち下ろしのミドルホールだが右サイドが浅くOBになりやすい。ティーショットは左斜面狙いが安全。無理に距離を稼ごうとせず、確実な方向性を心掛けたい。ロングアイアンでのティーショットも一策。セカンドもきつい打ち下ろしてキャリーオンが要求される。正確な距離感がポイント。

詳細を見る

No.4 PAR 3Back188Y
ボタン
No.4のコースレイアウト

グリーン手前から右サイドを包むように美しい池が囲む打ち下ろしのショートホール。ダイナミックな景観とは裏腹に繊細な攻めが求められる。方向性に自信のある人は正面から攻めよう。不安な人は左サイドに逃げるのも安全策。

詳細を見る

No.5 PAR 4Back330Y
ボタン
No.5のコースレイアウト

軽い左ドッグレッグのミドルホール。距離が短いため、右サイドに打ち出すと突き抜けてOBの危険が大。ティーショットは左サイドから攻めること。セカンドは、グリーン右手前にアゴの深いバンカーがあるので注意が必要。グリーン攻略は左からが鉄則。

詳細を見る

No.6 PAR 4Back382Y
ボタン
No.6のコースレイアウト

打ち下ろしのミドルホール。ブラインドホールのため、ティーショットの狙い目が定めにくいが、フェアウェイキープ重視で攻めよう。セカンド地点も左足下がりとなる上、グリーンもアンジュレーションがきつく攻略は難しい。グリーンは手前からの攻めが得策。

詳細を見る

No.7 PAR 4Back358Y
ボタン
No.7のコースレイアウト

左ドッグレッグのミドルホール。ティーグラウンドからはグリーンが見えないが、ティーショットは左山裾狙いでフェアウェイ左サイドから攻めよう。セカンドはショートアイアンの距離となるが、グリーンの傾斜がきついのでピンの手前に落としたい。

詳細を見る

No.8 PAR 3Back167Y
ボタン
No.8のコースレイアウト

打ち下ろしのショートホール。距離が手頃で、グリーンも大きく、乗せるのは比較的簡単。但しグリーンは3段グリーンのため、乗せただけでは3パットの危険が大きい。ピンの位置に充分注意したショットと正確なパッティングが好結果を生む。

詳細を見る

No.9 PAR 5Back489Y
ボタン
No.9のコースレイアウト

やや打ち上げで左ドッグレッグのロングホール。ティーショットは左サイドバンカーが狙い目。バンカーを越え、ピンが右手前なら、思い切って2オン狙いにチャレンジしたい。ピンが奥目ならグリーン手前のバンカーを避け、確実に刻みアプローチ勝負。安全策なら第1打からフェアウェイセンターをキープし、3オン狙いで攻めよう。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方

東北自動車道 飯坂IC 周辺

JR東北新幹線 福島駅 周辺