飯能くすの樹カントリー倶楽部

ハンノウクスノキカントリークラブ
コース画像

イン詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3118Y Reg.: 2858Y Ladies: 2655Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
104324302277
113186142142
124397373349
135ドラコン推奨ホール523501447
143ニアピン推奨ホール14111083
154324283283
164371345318
174336319305
185516483451
TOTAL36311828582655

ホール別解説

No.10 PAR 4Back324Y
ボタン
No.10のコースレイアウト

やや打ちおろしのミドルホール。距離はさほどありませんが、グリーン手前には4つのバンカーがあります。グリーン右サイドからのアプローチは、打ちあげになります。

詳細を見る

No.11 PAR 3Back186Y
ボタン
No.11のコースレイアウト

距離がありコントロールが明暗を分けるショートホール。グリーン手前は左右にOBゾーンがあり、多少のオーバーを覚悟の上で、長めのクラブで攻めた方が無難です。

詳細を見る

No.12 PAR 4Back397Y
ボタン
No.12のコースレイアウト

ゆるやかな上りが続くミドルホール。2打目付近からはグリーン面とフェアウェイとの境目が判りづらく、しかもグリーンは平坦でも幅が広いので、注意しないとパーを逃してしまいます。

詳細を見る

No.13 PAR 5Back523Y
ボタン
No.13のコースレイアウト

豪快な打ちおろしのティーショットが楽しめるロングホール。2打目からはフェアウェイが狭まり、バンカーも絡むためコントロールが求められます。落差のある二段グリーンも特徴です。

詳細を見る

No.14 PAR 3Back141Y
ボタン
No.14のコースレイアウト

打ちおろしのショートホール。.大きなグリーンにはアンジュレーションもあり。パッティングに苦しめられます。グリーンの傾斜を考えて攻めないと、簡単に3パットを招くことでしょう。

詳細を見る

No.15 PAR 4Back324Y
ボタン
No.15のコースレイアウト

距離は短いが、起伏の多いフェアウェイとバンカー群がアプローチをさえぎります。グリーンは奥行きもあり、アプローチとパッティングの技量がスコアに現れます。

詳細を見る

No.16 PAR 4Back371Y
ボタン
No.16のコースレイアウト

やや右にドッグレッグした打ちおろしのミドルホール。2打目を考えればティーショットはアイアンで攻めた方が危険は少なく、1打目がスコアメイクの鍵を握っています。

詳細を見る

No.17 PAR 4Back336Y
ボタン
No.17のコースレイアウト

フェアウェイがS字型をした打ちおろしのミドルホール。どのティーグラウンドからもほぼ狙うポイントが絞られるので、最もコントロールに信頼のおけるクラブが何かを試されます。

詳細を見る

No.18 PAR 5Back516Y
ボタン
No.18のコースレイアウト

グリーン近づくにつれて左右も狭まり、第2打を欲張らなくとも3打目に得意な距離を残しておいた方がベスト。グリーンの奥行きは63ヤードと最も長いホールです。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • 2022-06-09名無しのゴルファーさんストローク:0(アウト/イン:0/0)
    特にありません。 詳細を見る >
  • 2022-04-06だーふじさんストローク:111(アウト/イン:55/56)
    雨が続いた後だったからなのかフェアウェイのあちこちが水はけが悪い状態でした。ピンポジションが激難しくパットに苦労しました。 フェアウェイ上のディボットに砂を入れて欲しいです、皆さん目土袋を持ってプレーするクセをつけましょう。 詳細を見る >
  • 2022-01-10たいざんさんストローク:110(イン/アウト:58/52)
    ここ最近の寒さが少し和らぎ、あまり寒さを感じない、良い天気であった。 ベースボールオーバーラッピンググリップ、右足始動左足ヒールアップで終始プレイした。 バックスイングで左手の掌屈が足りないとフェースが開いて球が右に出てしまうこと、アプローチで少し強めに入ってしまうこととはあったが、ドライバーショットは後半タイミングが合うようになって当たるようになり、ショットナビで、221Yや、やや打ち下ろしでは237Yを計測した。 最終ホールもっと振ろうと思ったところ、アドレス~バックスイングで脱力できず、ぎこちなくなり左へ引っ掛けてしまったところは、脱力するよう心掛ける。 パッティングは強めにヒットしてしまうことが多く、返しのパットを外しての3パットが多かった。フェースを被せて転がりを良くしようとし過ぎたので、やり方を再度検討する。 詳細を見る >
  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方